年間3つ!小学生のバドミントン全国大会についてまとめたよ

こんにちは。

バドミントンプレーヤーと、その指導者・親のためのブログ「シャトルサークル」の管理人(@shuttle_circle)です。

日本小学生バドミントン連盟が主催する全国大会は、「全小」「若葉」「ABC」の3つがあります。

管理人
全国大会が3つもあるの?と思うかもしれないけれど、3つとも形式が違うんですよね。 それぞれに特色のある大会なので、簡単にまとめてみました。

全小

全国小学生バドミントン選手権大会のこと(通称:全小)。年間で最大の大会と言えるでしょう。いつも年末(冬休み)に行われます。団体戦と個人戦があるので、両方に出場する人にとってはハードなスケジュールです。

大会について詳細は日本小学生バドミントン連盟のHPも参考のこと。

管理人
それにしてもこの見づらいサイト構成、どうにかならないものですかね…。特にモバイルからの閲覧性の悪さがヤバい。
全小のシードや組み合わせについては詳細な規定があり、「前年度と同じ組み合わせを避ける」などの基準が設けられていることがわかります。組み合わせがおかしい!不可解だ!と思った場合は、日本小学生バドミントン連盟 主催大会の組合せ基準 『全国小学生バドミントン選手権大会』を見るといいでしょう。

団体戦

「全小」の長い戦いは、都道府県対抗戦の団体戦から幕を開けます。

団体戦の形式は1複2単で、チームの枠をこえた編成が可能です(違うチームの人とダブルスを組むことも可能)。また学年を問わずメンバー入りさせることができるので、5年生、場合によっては4年生でも出場可能でしょう。

さらに個人戦では全国大会に出場していない選手でも、団体戦のメンバーに入ることはできるので、各都道府県のトップクラスのメンバーを揃えて戦うことができる。

ここがおもしろい!
普段のライバルがここでは心強い味方となる。オールスター感があっていいですよね!

1つしかないダブルスをがっちり固めていれば強いかもしれません。シングルスが2本揃っていればなおよし。あるいはシングルス2本で勝負するオーダーと、ダブルス1つ・シングルス1つで勝負するオーダーの2通りを持っていれば、柔軟にオーダーを使い分けることもできますね。

その都道府県の選手層の厚さと、都道府県内の日頃の連携が結構モノをいうんじゃないかなと思います。団体戦独特の緊張感もあるので、個人戦ではありえないような「大物食い」がおこることもしばしば。

個人戦

  • 6年生以下:単複
  • 5年生以下:単複
  • 4年生以下:単複

以上の6つに分かれています。ダブルスは同一チームでのペアでエントリーしなければならないので、「6年生以下ダブルス」に6年生と5年生のペアで出場することもありますね。

管理人
また、2年生や3年生は「4年生以下」で戦わなければならないので、そのなかで勝ち上がるのはなかなか難しいかも(※4年生と2年生のようなペアなら可能性アリ)。

全小の出場資格

団体戦は各都道府県の連盟が選抜したメンバーとなります。

個人戦の場合は少し複雑で、参加資格を持つのは以下の選手。

  1. ブロック代表選手
  2. 開催地代表選手
  3. 推薦選手(前年度の上位選手)
  4. 推薦選手(特例による)

詳細は以下の記事で。

【バドミントン】全小、ABC、若葉の出場条件をまとめてみた!

2018.01.05
スポンサーリンク

ABC大会

  • Aの部(5,6年生:単)
  • Bの部(3,4年生:単)
  • Cの部(1,2年生:単)

この大会の特徴は、2学年ごとにカテゴリーが区切られているということです。

5年生、3年生、1年生は、自分たちよりも1つ上の学年の人と戦わなければならないので、上位進出はなかなか難しい(それゆえに、ABC大会5連覇という奈良岡功大選手が残した実績の異質さが際立っています)。

特に、2年生以下のみが出場できるカテゴリーが用意されているのがおもしろい。

管理人
低学年の子供達にとっては、早い段階から「全国大会」という舞台を経験でき、同学年の子たちの中で今の自分の立ち位置を知ることのできる唯一の大会です。

また、ブロックごとの代表選手しか出場できない全小とは違って、ABC大会は都道府県の代表選手が1名出場できる大会でもある(参加資格については後述)。

全小とABCとのもう1つの違いは「予選リーグ→トーナメント」という形式になっているということ。

全国大会でわざわざ遠いところまで言っても、トーナメント1回戦で負ければ即終了…だとあまりにも味気ないですよね。。

ABC大会では「予選リーグで数試合をやったあとで、トーナメント」という形式になっています。このトーナメントも、予選上位選手のみがすすめる「決勝トーナメント」と、予選下位選手がすすむことになる「下位トーナメント」があります。

したがって予選で数試合と、「決勝トーナメント」または「下位トーナメント」をあわせて、少なくとも3試合(勝ち上がればもっとたくさん)、全国レベルのプレーヤーと試合ができるということになります。

ここがおもしろい!
運悪く厳しい予選リーグにあたってしまい、予選で最下位だった選手でも、下位トーナメントで優勝すれば「敢闘賞」を手にすることができます。下位トーナメントもかなり熱い戦いが繰り広げられますよ!

このように、「全小」とは随分違った形式で行われる大会といえるでしょう!

全小と同様に、ABC大会もシードや組み合わせの詳細な規定が設けられています。ドローについて疑義が生じた場合は日本小学生バドミントン連盟 主催大会の組合せ基準 『全国小学生ABCバドミントン大会』を参照のこと。

ABC大会の出場資格

参加資格を持つのは以下の選手。

  1. 都道府県代表選手
  2. 前年度 ABC大会 上位選手
  3. 前年度 全小 上位選手

以下、順番に見ていきましょう。

特徴としては、都道府県単位で代表が出せることが挙げられます。詳細は以下の記事で。

【バドミントン】全小、ABC、若葉の出場条件をまとめてみた!

2018.01.05

若葉カップ

チームごとに出場する団体戦です。ある意味でもっとも門戸の広い全国大会と言えるかもしれません。

全小の団体戦は「都道府県の選抜メンバーで1チームを作る」という形式でした。つまり違うチームの人とダブルスを組むということもあり得たわけですが、若葉カップは違います。出場単位は「ジュニアチーム」です。

チームが子供たちを単複まんべんなく育てているか、どの学年のプレーヤーも強いか、など、チームとしての総合力が問われる大会になっているといえるでしょう。

管理人
他の大会では全国大会を目指すのが難しいような子供たちでも、この大会なら十分に出場できる可能性があります。

「全国大会に出た」という経験はなかなか代えがたいものではないかと思います。その意味でも若葉カップは貴重な大会だと言えるでしょう。こういう大会は、各チームが層を厚くしようと務めるインセンティブになっているはずです。

試合順序は、以下の通り。

  1. 6年生以下シングルス
  2. 4年生以下シングルス
  3. 5年生以下ダブルス
  4. 6年生以下ダブルス
  5. 5年生以下シングルス
ここがおもしろい!
団体戦ならではの緊張感と盛り上がり、選手・保護者・指導者が一体となって戦うあの「空気感」はチーム対抗戦特有のものだと思います。

最大の壁は、各学年に勝てる単複を揃えなくてはいけないことですね。少子化が進む現在、しかも競技人口も多いわけではありません。そんな中で7人揃えるのもなかなか難しいでしょう。

若葉カップの出場資格

各都道府県の代表チームを男女1チームずつ選出して戦います。

詳細は以下の記事で。

【バドミントン】全小、ABC、若葉の出場条件をまとめてみた!

2018.01.05

全国大会の動画を見よう

「世界のトップ選手」を見るのももちろん大事なことなんだけど、「同年代のトップ選手」を見ておくのも大事なことです。

2017年の全小のライブ動画配信は、SMASH and NET さんがやってくれています!

結果の速報が知りたいときは…

リアルタイムで情報が流れてくるメディアは、なんといってもTwitterでしょう。主要メディアだとバドスピさんが速報を流してくれています。

オフィシャルな結果を知りたい場合は日本小学生バドミントン連盟のHPにダッシュだ!!(

だいたいその日のうちに結果がアップされていますよ。


当サイトのコンテンツは永遠に未完成です。

バドミントンのプレイヤーやコーチと「相互にやり取り(シャトル)」する「場(サークル)」にしたい。そんな願いを込めて作ったサイトです。

ご指摘、ご質問等あれば、ぜひコメント欄などにお願いします!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1992年生まれで、大阪府出身・在住。バドミントンのプレー歴は13年。指導歴は4年。(公財)日本体育協会の公認上級指導員(バドミントン3級)です。小学生から大人まで、男女問わず初心者から中級者を対象としたバドミントンの指導を仕事の1つとしています。(→さらに詳しく