バドミントンのコートを3つに分解!呼び名を定着させよう(提案)

こんにちは。

バドミントンプレーヤーと、その指導者・保護者のためのブログ「シャトルサークル」の管理人(@shuttle_circle)です。

当サイトでは、バドミントンのコートを3つに分けて、それぞれに「リアコート」「ミッドコート」「フロントコート」と呼んでいます。

無論、これは自分が勝手に言い出したものではなくて、ネタ元があります。バドミントンの公認指導員養成講習会で講師の先生が使っておられました。

基本的には英語圏の用語に準拠しているから聞きなれないかもしれないけれど、日本バドミントン指導者連盟から出版されている『バドミントンの指導理論1』などでもこの呼称が使われているんです。

以下の2点について概説します
– コートの呼び名
– 呼び名をつける意味

コートを3分割!

便利だから覚えとくといいでしょう。ネットに遠い位置から順に…

  • リアコート
  • ミッドコート
  • フロントコート

となる。

リアコート

3分割したバドミントンのコートの中で、コート後方のこと。

たとえば ハイクリアーは、自分のリアコートから相手のリアコートへ打つショットだ…ということができます。

ちなみに、実際にBWF公式配信の動画において Rear Court Winners という表現を見つけることができる。


画像出典:BWF公式動画

リアコートから打ったエースショットの数ですね。スマッシュ、カットなどがこれに該当します。

シングルスでは、いかに相手をリアコートへ追いやるか、あるいは釘付けにしておくかが1つの重要な配球の肝だと言えるでしょう。

ミッドコート

その名の通りmid、つまり3分割したバドミントンコートの中で、コート真ん中のこと。

たとえば相手のスマッシュをレシーブするのは大抵ミッドコートですよね。

他にも、ダブルスにおける「ハーフ」とかがこれに該当する。シングルスのサーブは基本的にミッドコートから打つでしょう。

返球が甘くなってミッドコートまでしか飛んでいない…ということもあり得るわけです。ミッドコートへの甘い返球は迷わずスマッシュをぶち込みましょうw

フロントコート

3分割したバドミントンコートの中で、コートの前方のこと。

たとえば、バドミントンのショットにおいて以下のように言うことができます。

  • ネットリフト(ロビング)は、自分のフロントコートから相手のリアコートへ打つショット。
  • ドロップやカットは、自分のリアコートから相手のフロントコートへ打つショット。

参考までにこちらもBWFの公式配信動画から1枚。


画像出典:BWF公式動画

フロントコートからの winner といえば、ネットインでノータッチ、ネットキル(プッシュ)などが挙げられるかな。

リアコートとフロントコートを行ったり来たりすると相手は疲れるし、「崩す」こともできる。よく「相手を対角線に走らせろ」「相手を三角形に走らせろ」などと言われますが、これはリアコートとフロントコートを行ったり来たりさせる方法を端的に表現したものといえます。

相手をリアコートへ追いやるためには、前段階としてフロントコートに釘付けにしておく必要があります。したがって「ネット前をいかに制することができるか」がシングルスでは特に肝になるわけですね。

管理人
桃田賢斗選手の強さの源泉は、ネットプレーの卓越した技術だと思っている。トップ選手の中でも頭1つ抜けてる。

フロントコートの攻防を制することができれば、必然的にシャトルは上がってくる。そこに強打のチャンス(攻撃のチャンス)が生まれるわけですね!

リオデジャネイロオリンピックで優勝したチェン・ロン選手などは典型的だと思う。とにかくフロントコートから上げさせるようなネット(ヘアピン)をひたすら打っていた。

スポンサーリンク

こうした「名前」を付ける意味

こうした名前なんてつける必要あんの?ってちょっと疑問に思うかもしれない。というか自分もそうだった。

でもやっぱり必要だなと思ったのです。

まず自分的には「バドミントンの指導において用語が統一されていない」という問題意識があります。これもその1つで、このように言語によって3つに切り分けることで、概念が共有できるというのは意味があると思います。

「コートの後ろの方へ」とか「奥へ」とか言ってみるよりも、「リアコートへ」のほうが言葉もシンプルであり、言葉の定義が決まっているので指導者が何がいいたいか、プレーヤーに明確に伝わる。

「コートの真ん中らへんに来た球」とか「ハーフ付近の球」とか「甘くなった球」とか言うよりも「ミッドコートへの返球」って言ってしまったほうが、どこにきた球なのかがはっきりするでしょ。

管理人
自分はバドミントンをはじめたときから「コートの真ん中らへんってどのへんやねん!」ってめっちゃ思ってましたw

ある事象を表す言葉が存在していることによって、混沌としていた事象が整然と切り分けられる。それを指導者が共有することはきっとメリットになる。共通貨幣には相応の価値がある。

あとは言葉が浸透するかどうかですが…まだそれには時間が掛かるでしょうね。。


当サイトのコンテンツは永遠に未完成です。

教えることに従事する人間は一生「勉強中」の身でなければならない

管理人
「相互にやり取り(シャトル)」する「場(サークル)」にしたい。そんな願いを込めて作ったサイトです。ご指摘、ご質問等あれば、ぜひコメント欄などにお願いします!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1992年生まれで、大阪府出身・在住。バドミントンのプレー歴は13年。指導歴は4年。(公財)日本体育協会の公認上級指導員(バドミントン3級)です。小学生から大人まで、男女問わず初心者から中級者を対象としたバドミントンの指導を仕事の1つとしています。(→さらに詳しく